新型コロナ騒動は マイクロチップの 布石

2020.03.26 (日)


※ 新型コロナ騒動は マイクロチップの 布石

( 有馬陽子さんのブログより一部転載☆ )

感染の数が 本当なのかどうか ということは

検査そのものの 信頼性が とても重要だってことと
 
(検査そのものが コロナウィルスの感染を拾っていない 可能性の方が 高いってこと でもあります)
 
 
病院側は 自分の病院で検査した患者から

感染者が出れば 数週間の閉鎖を

余儀なくされたりするわけですから 

検査したくない って 考えるのも

ある意味 当然でして・・・・・
 
 
しかも その検査の
 
信憑性 が 疑われるってことは 
 
患者の為にもならないんだから
 
やる必要性がないのではないかな
 
 
ここで・・・・さて 
 
では 検査をして 患者(と間違われる)

数を増やすことで 

何をしたいのか と 
 
そのあと 誰が

儲けることに なっているのか です。
 
 
 
今回のコロナウィルスに対応するための 

準備(ワクチン)は

とうの昔にできている のですから
 
 
あとは どれだけ多くの人に 

なんの目的で ワクチンを

接種してもらうか が 鍵なのです。。。。
 
 
ワクチンそのものを 打ってもらうことで 

開発費用への 投資の回収は 

まぁ 当たり前ですが
 
 
売って儲けることよりも 

もっと 大事なことがあるのです。
 
 
売ることだけが目的だったら 
 
誰が打ちましたか ? を
 
すぐにわかるような細工は 

必要がないと思いませんかね
 
 
その細工については 崎谷先生が 詳しく 

リサーチも一緒に

載せてくださっておりますよ
 
 
『目に見えないタトゥー(刺青):ワクチン履歴のマイクロチップ』(※ 崎谷博征医師のブログ)
 
 
ワクチンは すでに2018年には完成してて

この研究は 2019年に発表されてますね
 
 
このチップ・・・もうずっと研究されていて 
 
注射器で打つタイプとか

スタンプにした方がいいのか など

様々な方法が試されてきている

ようです。。。
 
 
実際には コロナウィルス自体が
 
脅威なんでもないし
 
他の病原体の方が 問題なわけで
 
抗ウィルス剤は 効かないどころか 
 
状態としては  使わない方が良いのです。
 
 
解熱鎮痛剤 と 免疫抑制剤は 
 
過去記事にも書いたように
 
使ってはいけません。。。
 
感染症がより悪化します。
 
~~~~~~~ 
 
 
それにしたって 世界中が一斉に国をあげて この

コロナ対策に声をあげています。。。
 
 
さて それは なぜでしょう?

陰謀論? 説を 超えて 考えてみましょう。
 
 
チップを打つことで 可能になること・・・・
 
 
そして 本当は 私たちは 

なにを準備し なにをするべきか

改めて考えてみないとね