ウィルスとは… 友人の情報より

2021.05.16 (火)

ウイルスとは何か?
ポリオの急性弛緩麻痺症状と、DDT殺虫剤の毒性症状が、全く同じである。
ポリオの発症時期とDDT散布時期が一致する。
蚊を媒介として伝染されると信じられたポリオ感染症は、実はその蚊を殺害するための殺虫剤に、生物が暴露したことによる毒性症状であると。
圧倒的な証拠が、崎谷医師の #ウイルスは存在しない に豊富に書いてありますぞよ。
ということは、赤ちゃんが生まれてから2ヶ月で射っているポリオ枠チン、あれは何?😱😱
そんな驚きの事実を次々と掘り起こしてるの。


崎谷医師やトーマス・コーワン博士も仰ってます
【 ポリオは DDT、 鉛、ヒ素、水銀等が原因】
(※ ウイルスが原因というのは 「嘘 」)
◼ 《 水銀 》で犬に 同様の症状が出たことから
《 金属毒 = 原因 》が 確認され、
…殺虫剤の成分《ヒ素 》も、
同様の症状を起こすことが …発見された。
その殺虫剤が…
より毒性の高い《 ヒ酸鉛 》(ヒ素に鉛を加えている)に変えられ、
2年後に…初の 《 小児麻痺の 蔓延 》を 記録。
◼ チャールズ・ケイヴァリー医師は、
… 症状が出た子供を 他の子供から 隔離する努力が一切見られないのに、
他の子には 症状が 出ていないことから
微生物ではなく、《 毒が 原因 》であり、
《 感染性はない 》と報告。
◼ 1908年にも マサチューセッツで ポリオが蔓延
当局は… 殺虫剤の 毒性等 を無視して
ウィルス説を 広め、
解毒するという指示を…与えず
慢性化させてしまった
※「一生治りません」「この薬を飲み続けなさい」のパターン
◼ 1905年から1940年代にかけて、多くの小児麻痺は
《 汚染された 牛乳が原因 》と医師たちが判断
牛の清浄に《 ヒ酸鉛 》が使われていたことに加え
《 ホルマリン 》を…牛乳に入れていた
◼ 1897年に豪州の医学公報は、
牛乳のなかの《 ホルマリン が
麻痺を 起こした 》と 報じている。
※ どうりで ワクチンにも ホルマリンが入っている
◼ 南国での ポリオの流行は、
《 DDT 》という殺虫剤が …
持ち込まれたことで始まった。
◼ 第二次大戦終わり近く、フィリピンにある米軍キャンプでは
ハエを殺すために 毎日 《 DDT 》を撒いていた。
米国医師会ジャーナル誌上、アルバート・セイビンは
ポリオが、…米軍キャンプに駐留していた兵士たちの……主要な死亡原因と…報告。
◼ 1944年、米国の連邦研究センターである国立衛生研究所は
DDTが、小児麻痺に見られるのと同じ脊髄の場所に 損傷を与えると報告。
◼ 裕福な家々では 始終 “ 殺虫剤 ” を使った。
… 人々はこれを「中流家庭の疾病」と呼んだ。
◼ ジョン・トゥーメイ医師 が 小児科学ジャーナル誌に、
…ポリオは決して
《 個々人の間で うつされることはない 》…
ウィルスによって起こされたはずは “ なく”
よって ワクチンは機能しない、と記した
◼ ワクチン製造への過程で、…
40万ものアメリカの子供にテストをした際には
112人 もが 3回の接種後2、3ヶ月で
ポリオにかかった。(※毒物による麻痺)
これを…「たったの」112人しかかからなかったとして、
「成功とみなした」と書かれている
※ ワクチンを打たれたからポリオにされたのに、それが「成功」??
「病気にする、殺す」が本当の目的だから、当然「成功」だろう
◼ そしてポリオ・ワクチンを売り始めてからは
「ポリオ」という名称を使わずに
《 別の病名 を作って 》
「ワクチンが機能したから、
ポリオが激減した」という 《 嘘 》を
バラ撒いて 今日に至っている
◼ ワクチンを打たれた子供たちから
小児麻痺に倒れる子が 続出。
接種開始から 2週間以内に 200人。
前年には 小児麻痺は 273件だった ボストンで、
接種を受けた…子供たちから
2,000件以上の 小児麻痺被害が 出現。
ニューヨーク州とコネチカット州でも
前年比で倍、
ヴァーモント州では 3倍増加。
ロード・アイランドとウィスコンシンでは
5倍の増加を見た。
◼ それで…ワクチン製造会社を守るために
《 ポリオの 別名称を でっち上げ 》たり、
判断基準を変更して、
’ポリオ’罹患者数が 激減したように 見える
操作 をした
◼ 《 原因 》で 嘘をつき
《 このワクチンで予防出来る …と 嘘をつき 》
… 親たちを騙して毒を(公費負担で)売っている。
そうすれば……そのうち若干名が死亡し
多くが 悲惨な症状に倒れるので、
またロックフェラーが広めた《 現代医学詐欺 》に
《 患者 》として戻って、
更なる 毒を 買わされるという 構図。
◼ (ポリオの症状)急性麻痺 は
《 農薬が 脳神経を 侵したもの 》
1800年台後半の 《 ヒ酸水素鉛の使用 》
とともに現れ、
《 ポリオワクチン台頭とともに拡大 》し、
1988年の 《 同農薬使用禁止で終息 》
《 その後のポリオは
ワクチンが原因 のもののみ 》
◼ ロバート・ケネディJr、ビル・ゲイツを徹底批判
ゲイツは……インド政府の顧問につき、
1,300億円を出資し、
5歳以下の幼児に 《 ポリオワクチンを 強制 》した結果、
《 496,000人の子どもが マヒになった
◼『インド、ビル・ゲイツのポリオワクチンキャンペーン開始 まひの症例が急増』
http://www.tomorrowkids-service.com/.../billgates_india.html
以下は日本の場合
◼ ワクチン導入後も 四肢や 呼吸麻痺の患者は 発生しており
それらは「ポリオ様 症状」として報告されて
ポリオ としてカウントされてはいなかった
※ ワクチンで ポリオが減ったと思わせるための操作
◼ ポリオの患者数と農薬の生産量を示した表
農薬の毒物の線と ポリオの患者数のグラフの動きが一緒です。
◼ 大きな川の源流域で、台風の壊滅的被害があり
そこで 農薬散布が行われた( 昭和30~33年 散布 )
ポリオの大流行が昭和35年
ポリオの発生比率の地図… そして具体的にあげられている地名…を重ねあわせてみると
濃厚な発生地域と
台風被害の河川の下流域(農薬散布地域)が 重なる
◼ そしてなんと、病気の流行を防止する口実で
《 BHCを 飛行機で 空中散布 》した
◼ 熊本県では ポリオの発生率が比較的高い
熊本県は 違法に《 ヒ酸鉛 》を使って問題になった
◼ 山下重良氏がまとめた柑橘類の農業史
 昭和23年にとても多数の農薬が登録されました。
「殺虫剤として砒酸鉛・砒酸石灰・砒酸鉄・除虫菊・デリス・硫酸ニコチン・マシン油・ソーダ合剤・松脂合剤・うんか駆除油剤・青酸クロルピクリン・DDT・珪酸化ナトリウム。殺菌剤として硫黄亜鉛・無機銅・有機水銀・石灰硫黄合剤・硫黄・過酸化水素・ホルムDDT/BHC/TEPPアデヒドが登録される」
◼ …農薬散布の効率が飛躍的に上がったのも “ 昭和23年頃 ” から
ポリオが 報告され始めるのも “ 昭和24年頃 ” から
◼ 愛媛、宮崎、熊本、鹿児島、など柑橘類の産地が
ポリオ流行地に 多く県名が上がる
◼ かつて、米国でソークワクチン(不活化ワクチン)を 強制接種した州が
大量のポリオ患者を ワクチンで生み出した
《 ソークワクチンには “ DDT ” が入っていた 》
◼ 昭和30年代の航空機による殺虫剤、農薬散布の論文
昭和29年から32年にかけて
「札幌」を含む地域で 特に大量の散布が行われた
そして昭和31年に
札幌で百名近い子供たちが ポリオに感染した
( ※実際は、感染ではなく殺虫剤による麻痺 )
◼ 昭和35年 北海道ポリオ大発生、夕張では重度の患者が多かった。
昭和35 夕張「キングメロン」をブランドとして登録
メロンには《 砒酸鉛 》が農薬として使われていた
◼ 子どもの手足のまひ急増、感染症原因か 
(2018年11月6日)朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLC63HSDLC6UBQU001.html...
子どもの手足に急にまひが出る「急性弛緩(しかん)性まひ」の報告数が、
10月ごろから増加している。
原因としてエンテロウイルスD68の感染が指摘されている。
また ウイルスのせい にされてますが、
日本は2017年に除草剤の残留基準を
大幅に引き上げているので、
それが 原因 の可能性が高いです。
(リンク先サイトより抜粋・要約させていただきました)
https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12650676992.html
ーーーーーーーーーーーーーーーー
🔷 ウイルスが原因とされている 病気は、
実際は《 重金属毒や、殺虫剤等の毒物が 原因 》
その毒物 とは、
化学物質(医薬品、ワクチン含む) 有害重金属 等
(例:ポリオの原因は、農薬の ヒ酸鉛、DDT 、ホルマリン 等 )
◼ そして 病気の予防 という “ 名目 ” で、
その 毒物 を
ワクチン注射する
その結果、患者が 急増する
(例:ポリオのソークワクチン(不活化ワクチン)は DDT入りだった。また、ワクチンには 水銀、ホルマリンも入れられている)
◼ 毒性の強い物質(ヒ素 等と同等の毒性物質)は、
注射を受けた人の 呼気、 汗、排泄物 からも
その 毒性物質は 放出されるから、
長時間 近くにいる人は、ある程度 ダメージを受ける。
※ 例えば、抗がん剤を扱う看護師などは、その毒性の強い毒物のエアロゾル曝露により 染色体異常等や 様々な不調が起こるのと 同じ現象 (🔸文末参照)
(コロナワクチン接種者と接触すると体調不良になるのも これと同様のことだと思います。)
それで
症状がでれば(又は、 デタラメ検査で)
また《 感染 → 発症 だと デタラメ診断 》される。
◼ ポリオ と ギランバレー症候群 の症状は
《 まったく 同じ 》
どちらも 毒物(農薬・殺虫剤・ワクチン)が原因
《 その時代時代で、“ 病名を変えて ” 》
《 ごまかしている 》 だけ。
🔸参【 抗がん剤取扱者の 健康被害防ぐ、医師や 看護師が 協議会 】
……点滴液の交換時や
患者の
《 排せつ物の 処理の際に 触れたり 》
《 揮発物を 吸い込んだりして 体内に入り 》
《 健康被害を起こす 》
恐れが指摘されている。
《 看護師の血液中の 白血球で
“ DNA損傷 ” が増えたとの報告 》もある
https://www.nikkei.com/.../DGXNASDG2801P_Y4A620C1CR8000/...