宿泊療養施設に滞在していた50代の男性が死亡

2020.12.12 (木)

神奈川県では11日、新型コロナウイルスに感染し、宿泊療養施設に滞在していた50代の男性が死亡した。 【映像】コロナで宿泊療養中に男性死亡  死亡したのは8日に陽性が判明した神奈川県内に住む50代の男性。男性は軽症と診断され、9日に泊療養施設に入所した。11日午後、LINEで行われている健康観察で回答がなく、看護師が複数回電話したが繋がらなかった。その後、看護師が部屋を確認したところ、男性はベッドの上で倒れていて、死亡が確認された。  男性に基礎疾患はなく、現時点で死因は分かっていない。黒岩知事は「施設の対応などについて速やかに検証する」とコメントしている。

新型コロナの特徴
エイズとサーズをたしたようなもの
急激な血液中の酸素の低下し肺炎を引き起こす
血中の酸素低下で血栓ができやすくなり脳梗塞や心筋梗塞の要因になる
だから、基礎疾患がある人は危険
おそらくこの人も何等かに疾患があったのでは
隠れ糖尿の人がとにかく多い
自分は大丈夫と思っていても日頃の食生活が良くないと
血液がドロドロな状態になっています
コロナ治療はアビガンを使用しているみたいですが
後遺症の原因かもです